マスクの意外なメリット

マスクってどのように使われてますか?

 

私は外出時、エステ施術時、あと就寝時にもマスクをしています!(*´∀`)

 

この就寝時にマスクをするという事が、結構いろいろ良いんです!

 

1.保湿ケアできる
マスクをすると、マスクをせず鼻で呼吸している時より口の中の湿度が上がるというデータがあります。
寝るとき口が開いてしまっていて、のどがカラカラになるという事はありませんか?
マスクをすることで、口の中のカラカラ状態を回避することができるだけではなく、リップクリームを塗っておくと唇の潤いに、ほうれい線あたりにクリームを塗っておくと、スチーム効果でほうれい線を薄くしてくれるという効果も!

 

 

2.免疫力低下防止
冬の冷たく乾燥した空気の吸入は、粘膜を痛め、ウィルスが繁殖しやすくなります。

 

体温が1℃上がれば免疫力は6倍活性するという説もあります。また一般的に36.5℃の体温を維持できれば、免疫力が高く病気をしないと言われています。

 

マスク着用による高温多湿の空気は、鼻や喉を暖め、免疫力増強が期待できるというわけです。
3.鼻炎の予防
鼻炎には急性鼻炎(いわゆる鼻かぜ)、それをこじらせてしまった急性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎の3種類があります。
急性鼻炎は寒気により鼻腔入口部の温度が下がり、ウィルスの生存に適した温度になるために、発症します。逆に湿度50%でウィルス生存率は3%といわれ、高湿度であればウィルス死滅に効果的ということです。
急性副鼻腔炎は、風邪を治し損ねて鼻づまりがいつまでも治まらないと、そこに細菌が繁殖して膿を持ちます。鼻腔の脇にある副鼻腔にその膿が溜まり、青っぱなが出たり頭痛がしたりします。
どちらにしても、冷たい外気を鼻から吸い込む事を避ければ、防げそうです。
アレルギー性鼻炎は寒気が過敏になった鼻粘膜を刺激して、くしゃみ・鼻水・鼻づまりのなかなか止まらない状態となります。

 

 

アレルギー性鼻炎の方は、ハウスダストがそのアレルゲンである場合も多いですね。

マスクをして寝ると、掛け布団や毛布についているハウスダストやダニを吸い込むのを防ぐことが出来ます。

 

 

以前松坂恵子さんがやはり就寝時にマスクをされると言われていたのをテレビで見たことがあります。

ただ、ほほについたマスクのゴムの跡がなかなか取れず、撮影が半日延びたこともあったとか・・・(・∀・i)タラー・・・

 

「寝るときマスク」はまだまだ使えそうですよ!是非お試し下さい(*´∀`)